読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

一旦デモトレードに戻ります…。

大変にご無沙汰しておりますが、その後はリアルトレードは控えてまして、僕が受講したコースの次の回が始まっているので、過去の受講生は何度でも受講できますので、それに参加している状況で、ま、勉強モードに戻ってしまっている感じです。

 

以前にも何度かお伝えしていますが、エリオット波動論のコースを受講したことによって、過去チャートの分析は非常に正確になってきたのですが、なかなかそれをもとに次の動きを予想して確率の高そうなセットアップからエントリーするというのが難しく感じていて、目線が固定できたとしても具体的にどのあたりで狙っていけば良いのかと言うのが定まりません…。

 

また、グループには同じテクニカル分析を学んだトレーダーが沢山いますし、FXはメジャー通貨だけでもクロスを含めると28種類もありますし、時間足も5分足とかまで下げてしまうと、それこそ無数に「それっぽい」チャンスが出現してしまうので、絞り込むことができないというか、圧倒されてしまって何をトレードすれば良いのかわからなくなりつつあります。

 

先生のアドバイスとしては「とりあえずは1つの通貨に決めて、それを徹底的に分析し尽くしてエキスパートになるのが一番実力がつく」「先ずは1時間足未満は見る必要はない」「1通貨で1時間足以上だとエントリーチャンスは少ないけれど、それでもマスターすれば十分に利益になるし、ボトムラインは資金を守ることで、アホなトレードをやっていれば遅かれ早かれ資金を失う」「そもそも俺はリアルトレードやる前に2年間徹底的に勉強したし、ま、その知識を体系化して教えているから、お前らに同じことをやれとは言わないが、かと言って安易な方向に走ると絶対に成功しない」という感じで、ま、急がば回れなんですよね…。

 

その間、この知識とこれまでの移動平均線などを使った手法などとの融合はできないものか?などと考えていたのですが、やはり検証をやると結果が良くはないので、インジケーター類を使ったルールベースのトレード手法についても、ある程度のフィルター効果はあるかもしれないですが、やはり最終的には裁量判断による微妙な押し引きが優位性になるというのは変わらなそうです。

 

ということで、暫くの間はデモトレードに戻って、通貨も1つか2つに絞って、厳格に自分のシナリオに合致した場合だけトレードをしてみる、その結果が良くても悪くても、先生かシニアトレーダーに全トレードをレビューしてもらって、何が良かったのか悪かったのか教えを請う、というのが近道かなと思いました。

 

多分、来週からデモトレードはスタートする予定です。

 

トレードチャンスは1時間足以上だと1週間に1回あるかないか程度という気がしますので気の長い話しですが、数ヶ月試してみて、その結果についてはこちらのブログでアップしていきたいと思います。