読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

理論と実践のハザマ

このブログを読んでくださっている方というのは、大半があきチャン准教授さんのブログからリンクを踏んでいる方だと思いますが、結構オタクなキーワード検索でたまたまたどり着く方もいらっしゃるようで、ブロク開設当初はほとんど90%くらいが前者でしたが、最近はその比率が徐々に下がってきているという印象です。

 

そして最近は僕が受講したエリオット波動論のトレーニングコースに関するネタが多いことから、まだまだほんの数名の方からですが「ビーガンさんの受講しているコースの詳細を教えてほしい」というコメントなどもいただいております。

 

その場合、ブログの記事やコメントへのレスポンスという形でコースの詳細をお伝えすることは避けているので、個人的にメールでご回答を差し上げることにしています。

 

ただ、前提として海外のコースということもあり英語力が必須になるということもあり、我々日本人にとってはそもそも非常に敷居の高いコースになってしまいます。

 

先生も出身は南米なので完全に100%ネイティブの英語ではないですし、参加者も世界中から集っているので、北米やイギリス、オーストラリアやニュージーランドなどの英語圏以外にも、インド系、華僑系、アラブ系、ロシア系、色々なアクセントで文法メチャクチャな英語が飛び交っていますし、僕ら日本人にはネイティブの英語よりも理解が難しいです。

 

多分、外資系のITや金融関連の企業で働いている人は毎日こういう環境なんだろうなと想像していますが、FXの勉強とは全く無関係なので、避けられるものなら避けたいですよね…。

 

ただ、僕がこのコースに参加する前に日本人でエリオット波動論を使いこなして実際のトレードをしている、そして成果を上げているという人を探そうと思ったのですが、正直なところ(見つけ方も悪かったとは思いますが)なかなかそういう人は見つかりませんでした。

 

そこで、もし僕が将来的にトレードで勝てるようになった場合に、この知識を日本語化して日本人のトレーダーの方たちにお伝えできればそれは素晴らしいことなんじゃないかなと思い始めています。

 

ただ、僕が受講したコースの魅力というのはトレーニング内容だけではなくて、先生を始めとして、何年も前にコースを受講済みでバリバリに稼いでいる現役トレーダーも含めたオンラインコミュニティーというのも事実なので、理論だけを「商材」として切り売りすることに意味があるのかは微妙な気もしています。

 

というのも、これは僕自身、リアルタイムで感じていることですが、エリオット波動論を使ったテクニカル分析が緻密にできるようになることと、実際のトレードで勝てるようになることは全く同じことではないからで、通常「商材」というと「これだけやってれば今日からあなたも勝ち組です」みたいな内容を要求されてしまうので、自分のトレードに強力な優位性を追加する「知識」としての価値を感じることができる人じゃないと、多分、宝の持ち腐れになってしまうという気もしているからです。

 

事実、このコースを受講した人すべてが現時点で勝てているかというと、全然そんなことはなくて、随分前にコースを修了したと思われる人がとんでもないチャートをアップして「これが俺のトレードプランだ」とかやっている人も少なからずいるので(汗)、やはり幾ら価値がある知識があっても、いつでもシニアトレーダーに質問できるオンラインの環境があっても、それを活かすことができるか否かは僕ら個人個人の自助努力が大前提になるんだなというのを日々、実感しているところです。

 

ということで、今回のブログは何も僕がトレーニングコースの内容を商材化してボロ儲けしようというお話しではなくて(笑)、先ずは僕自身がしっかりと勝てるようになれるように日々、勉強と実践を続けること、それによって結果として何らかの価値をこのブログなりを通じて提供できるようになれれば理想的だなということ、そんな内容ということでお願いできればと思います(汗)…。