読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

エリオット波動論トレーニングコース(途中経過その4)

その後、しばらく間が空いてしまっていますが(汗)、エリオット波動論のトレーニングコースは順調に進んでいます。

 

理論の講義は基本的にすべて終了しましたので、今は実戦の期間というか、とにかくバリバリとチャート分析をこなして疑問があれば質問して、ミスがあれば直してもらい、そこから細かいルールや自分の癖というか偏ったチャートの見方を修正したり、そういうことの繰り返しの期間という状況です。

 

僕はコースが始まる数週間前にグループに参加したこともあって、事前に過去の講義動画を見ながら自力で練習をしていたので、比較的スムースに知識を吸収できていますが、生徒の中には色々な状況や理由によって十分な時間をトレーニングに費やせない人もいるようで、やはり理解度に差が出てきてしまっているのも事実です。

 

フォーラムに質問をすれば大体はシニアトレーダーの人が回答してくれるのですが、たまに「そもそも自分で考え抜いてから質問したのか?」みたいなあまりにもメチャクチャなチャート分析をアップしている人もいて、そういう場合、そのままスルーされてしまうこともあるので、やはり幾らなんでも最低限の自助努力というのも必要なんじゃないかと思っています。

 

ただ、中にはこのグループに参加する前にすでにそこそこのキャリアがあって、そこそこ勝てているトレーダーもいるので、そういう人たちはチャート分析が甘々でも確度の高いセットアップを見つけてくる「嗅覚」みたいなのに優れている人もいるので、やはり目標はチャート博士になることではなくて、最終的には勝てるトレーダーにならないと勉強している意味はないのかなとも思います。

 

僕はどちらかというと(というよりか完全に)感覚派ではなくて理論派なので、FXを始めた当初から極力理に適ったチャート分析をして、そこから導かれる予測に基いてトレードをしたいなと常々思っていて、そういう意味でエリオット波動論が最強なんじゃないかという結論からこのコースを受講しているわけですが、それが暴走してしまうと、本当に細かい、結果としては実際のトレードに影響のないどうでも良いような事柄に固執してしまう自分に気がつくこともしばしばですので、やはり何事もバランス感覚も重要だなと感じています。

 

最近になってやっと、過去チャートの分析だけではなくて未来の値動きの予想についてもイメージが湧いてくるようになってきたので、そろそろデモトレードの時期が来たのかなと思っています。

 

ただ、本当のデモトレードだと緊張感がなくなってしまうのも事実なので、10,000通貨とか1,000通貨でも良いので実弾トレードから始めたほうが良い経験になると思っています。

 

細かいチャート分析の内容(エリオット波動論に基づいたラベリングなど)を公開することはできませんが、簡単な相場の背景やエントリーポイント、トレード結果などについては、適宜、アップしていきたいと思っています。