ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

エリオット波動論トレーニングコース(途中経過その3)

今日の午前中、やっと大ボスの先生とのセッションを受けることができ、僕のチャート分析やルールの理解度などをチェックしてもらいました。

 

結果としてはひとまず合格というか、正直、これまでの手応えからしても大きく勘違いしていることはなかろうと思っていましたが、ま、そんな感じでした。

 

一部、波形のカウントやラベリングについてまごついた箇所もありましたが、その場で説明をしてくれて理解できましたし、直近の短期的な値動きの予想などについても先生と同じ方向が見えていましたし、悪くなかったです。

 

来週からまた講義形式のレッスンを1週間、理論の部分の残りとして修正波のバリエーションや、あとはリーディング・エンディングダイアゴナルなどを学んで、それとは別にエントリー戦略と資金管理をやってという感じで、その後の2週間でデモトレードに突入します。

 

コースを受講し始めてからは基本的にリアルでトレードはしていないですし(唯一、EURUSDを1.08000くらいからショートしたのを目標500pips超えのスイング感覚でまだホールドしています)、チャート分析の練習も実際のエントリーを想定しているわけではなかったですし、デモトレードについてはエントリーできそうなセットアップの目利きというか「理論的には間違いなく目線は正しかったけど、エントリーに失敗して思い切り引かされて損切りになった」みたいな状況を如何に減らせるかということで、これはこれで勉強と経験が必要です。

 

グループ内でのトレーダーの人たちのトレードコールの投げ合いを確認する限り、人によって15分足くらいで本当に転換の初動を狙う人もいれば、1時間足くらいで確実にエントリーする人もいればという感じで、最後の最後のエントリータイミングについては、個人個人の経験や好みもあるので、こればかりは自分でたくさん検証をしてしっくりとくるのを身につけるしかないのかなと思っています。