読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

エリオット波動論トレーニングコース(6日目)

今日は、本来は理論の講義が終わって、2週間の実戦トレーニングの初日がスタートするはずでしたが、先週金曜日の講義が生徒からの質問でぐちゃぐちゃになってしまい中途半端に終ってしまったので、それのフォローアップになりました。

 

波のカウントについての重要な講義だったことと、そもそものエリオット波動論としての3波動や5波動、5波動の場合の5-3-5-3-5と3-3-3-3-3の違いとか、そのへんの理解が今一つの生徒が多かったために「質問になっていない質問」みたいなのが連発してしまい地獄のような時間でした。

 

多分、日本人だけだと質問があっても結構遠慮してしまい、誰かが口火を切らないと話しが盛り上がらなかったりしますが、ここは極度にインターナショナルな場ということもあって、国民性が云々というわけではないですが、個人個人の性格が思い切りぶつかったりしてちょっとヒヤッとすることも多々あります。

 

かなり自己主張の強いタイプが数名いるのですが、彼らが発言し始めると、まだ講義でカバーしていないこととかも無理やりねじ込んでこようとするので先生に諭されたりして、ちょっと失笑な感じでもあり、全員の時間を無駄にされているようでもあり、正直「やれやれ」という気もしますが(笑)、案外こういう強烈なタイプの方がトレードには向いている気もしますし、何が正解かはわかりませんしね(汗)…。

 

ということで、実戦トレーニングは明日からのスタートになります。

 

講義形式とは違って、少人数の生徒に対して講師の人とボランティアのシニアトレーダーの人たちが付きっきりになってくれて、先週までに習ったトレンドライン、フィボナッチ、ダイバージェンス、波形のカウントなどを僕ら生徒が実際のチャートを使ってデモンストレーションをするという流れです。

 

正しくやるというよりも、講義中には質問するのが難しい、細かい部分を見てもらえるチャンスなので、たくさん疑問点を用意しておいた上でたくさん間違えて、それを正してもらうことで学習内容の定着を強化するという意味で、この時間を有意義に使うことが成長の鍵になるのかなと思っています。

 

今週と来週がこのスタイルのトレーニングになって、その後がエリオット波動論の本丸でもあるラベリングの講義に入っていきます。

 

すでに自分でもラベリングは練習していて、簡単なのはまず間違えないようにはなっていますが、Running FlatやExpanded Flat、あるいはLeading DiagonalやEnding Diagonalなどはかなりトリッキーで僕にはまだ認識が難しいので、そのへんをクリアすることがチャート分析の基本をマスターする上で、最終的な目標になりますかね。