読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

エリオット波動論トレーニングコース(5日目)

今日は波形の数え方について学びました。

 

以前からお伝えしていますが、エリオット波動論の肝は波形のカウントの正確さということは間違いがないと思いますので、それには「1波」の定義が曖昧ではすべてが崩れてしまいます。

 

ここのトレーニングコースの教えにおいては、講師の方のオリジナルかはわかりませんが「とある方法」で1波のカウントを客観的に定義していますので、少なくてもこの教えを習った人であれば、理論的には全員が同じカウントができるようになります。

 

もちろん、いくらその数え方に客観性があったとしても、それがエリオットさんが見ていたと思われる波形と全く違っていたとしたら、結果としてエリオット波動論の優位性を発揮できないわけですが、これは僕がここでお伝えしても何も意味がないというか、根拠を示すことはできないので我ながら弱い議論だなとは思いますが、エリオット波動論というのは難しいだけで実戦では使えない屁理屈などではなくて、実はかなり正確なチャート分析をすることが可能なんだなというのが今のところの実感です。

 

もちろん、エリオット波動論によるチャート分析を実際のトレードの優位性・エッジとして使えるようになるには、それはそれでまた別の経験やスキルが必要にはなると思いますが、これを知っているのと知らないのとではチャートの見え方に相当の違いがあるのは確かです。

 

まだトレーニングコースも始まったばかりでこれからではありますが、今の時点ですでに過去のチャートの見え方とは全く違っていて、もう以前には戻れないというか、以前のような見方をすることはほとんど不可能な感じです。

 

なので、今後、本当に純粋な意味でのエリオット波動論を使ったトレードをしていくのかは別としても、このチャート分析のスキルがトレードのベースになることは100%間違いがないと感じています。

 

来週は一旦講義形式のレッスンを離れて、実際のチャートを使って自分なりにチャート分析をするのをシニアトレーダーの方たちに見てもらいながらその場でダメ出しなどをしてもらう1週間になります。

 

細かい部分などはやはりリアルタイムにその場で質問して修正してもらったほうが学習効果としては段違いですから、実は講義よりもこちらのほうが大事じゃないかなと思いますので、しっかりと準備をして疑問点を洗い出して、有意義に使いたいと思います。