読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

エリオット波動論トレーニングコース(2-3日目)

昨日、今日とトレーニングコース2-3日目でしたが、まずはトレンドラインとフィボナッチについて学びました。

 

トレンドラインの引き方についてはネットで調べても「ヒゲ先なのか実体なのか?」とか色々と議論がありますが、それについてはルールで決まっていて、あとは「値動きが加速したり減速したりした際にトレンドラインがずれてきたらどう対応するのか?」とかも当然、議論がありますが、それについてもルールが決まっています。

 

僕もこの辺については以前から意識はしていましたので、ここでのルールを説明された時も「やっぱりそうだよね」みたいな感じで、特に抵抗もなくすんなりと受け入れることができましたし、更に自分だけだと「とは言うものの、こういう場合はどう解釈するんだ?」みたいな堂々巡り的な疑問にも明確な回答が得られたので、僕みたいな細かい性格にはありがたい限りです。

 

また、通常の発想とは違うというか、ここがエリオット波動論とのリンクになってくるのだと思いますが、単純に高値・安値を結ぶ方法の他に、チャートパターン(波動)を意識したトレンドラインの引き方もあって、こちらについてはまだ100%ちゃんとは理解できていません。

 

次にフィボナッチについては、押し目・戻り目の推定、ターゲットの推定、両方に使いますが(って当たり前ですが(汗)…)、やはり一番悩ましいのは「どこからどこまであてるのが正解なのか?」ということだと思います。

 

僕もこれについては以前から意識はしていたものの、しっくりとくるルールを決めることができていませんでしたので、結果論として「ああ、今回はここだったのか…」みたいなパターンが多かったです。

 

で、ここで教えてもらったルールについて、最初は「なんで?」という印象でしたが、過去チャートなどで確認をすると、非常にしっくりくるというか「目からウロコ」だと言いすぎですが、確かに理にかなっているなというのは感じました。

 

正しい(と表現すると「絶対的に正しい」と思われてしまいますが、そういう意味ではないです)トレンドラインとフィボナッチが引けるようにあるだけで、ある意味見える世界が全く違ってきます。

 

要は「最初のトレンドがこれで、ターゲットがここで、余裕でクリアして更にトレンドが続いて、で、一旦ここでトレンドが崩れたけど、ここで切り替えして、今度のターゲットがここで、で、ここで5波動が完成して、予定通りにトレンドが転換した」みたいな感じでチャートを追えるようになるのを感じます。

 

もちろん、まだまだ出来上がったチャートからの結果論ではありますが、これまでは結果論にしても、こういう感じで綺麗にチャートを読むことはできませんでしたので、これだけでも得をした気分ですが、これが基本中の基本なので、これをまずは徹底的に練習して精度を高める必要があります。

 

で、この段階をクリアすると次にエリオット波動論が本格的に関わってきて、そうすると、よりチャートの動きにパターンを見出すことができるようになって、結果として過去だけではなくて、将来の値動きも徐々に読めるようになってくるので、そこまで到達するとやっとトレードにおける優位性みたいなものを手にすることができるのだなと思います。

 

というのも、これを勉強することに決めたのは当然トレードで勝てるようになるためであって、ただのチャート博士になっても仕方がないですから、トレードに活かせるスキルとしてのエリオット波動論を身につけることが大事になってきます。

 

明日以降も楽しみです。