読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

今年初のブログ更新です…。

今更ですが、明けましておめでとうございます。

 

はてなブログから1ヶ月ブログを放置しているというメールが来ましたので(汗)、久しぶりですが、近況について、更新したいと思います。

 

去年は結局のところ、初心者トレーダーのご多分に漏れず、聖杯探しの旅で終わってしまった感じで、本当は今年から本格的なトレードをと思っていましたが、まだ基本が固まらないので、これからも勉強の期間が続きそうです。

 

去年、丸々1年で思い知らされたことは、やはり何であれ「手法」というのは、極論を言ってしまえばただのエントリータイミングのとり方に過ぎないので、その手法を使う前提としてのチャート分析、値段がどちらに動くのかという自分なりの強い確信は必須だなと思い始めています。

 

さもないと、いつまでたっても不安な気持ちでトレードをしていることになるので、勝っても負けてもただの運なんじゃないかという疑念が晴れないというか、ま、ここは性格の問題もあるとは思いますが、僕には去年は何とかトータルではプラスにはなりましたが「このままやっていれば大丈夫だ」とはとてもじゃないですが思えませんでした。

 

ということで、今年は色々と選択肢を探ってみましたが、エリオット波動理論を真剣に勉強してみることにしまして、実は既にとあるトレーニングコースに参加しています。

 

実際の講義は来月からですが、すでにオンライン上のフォーラムのような場には出入りができていまして、過去の講義動画を見ながら予習を始めたり、講師の方や既にコースを修了しているシニアトレーダーの方などのチャート分析やトレード戦略などを吸収しています。

 

そもそも講師の方は海外のプロトレーダーで、参加者も世界中から、日本人は多分僕1人で全て英語ですし、ここで講師の方の名前とかコース内容などの具体的な情報をお伝えすることはしませんが、過去の講義動画を見ながら色々なルールを覚えつつチャート分析(の真似事)をしている段階で、既に今までとはチャートの見え方が全く違っていくのを感じています。

 

エリオット波動理論はスイングの数え方が人によって違うと分析が全くバラバラになってしまうという致命的な欠点があると思いますが、その辺も色々と工夫が施されていて、ルールをちゃんと理解していればですが、誰でも基本的に同じ分析ができるようになっています。

 

もちろん最終的なエントリー判断やエントリータイミングなどについては個人差はあると思いますので、理論をどのように使いこなすかは別としても、環境認識や目線の固定などについて、エリオット波動理論によるチャート分析は非常にパワフルなツールなんじゃないかなと思い始めています。

 

コースは6週間続き、その後もデモトレードでフォワードテスト、その間はポジションを持っているとトレーニングに集中できないという理由から、当面はリアルトレードは控えるように言われていますし、一旦はこれまでのようなトレード結果の報告などはできなくなりますが、コースの進捗状況などについて、もちろんノウハウに触れる部分は訴えられてしまうので公開はできませんが、可能な範囲で雰囲気くらいはお伝えできればと思います。

 

ということで、更に深くFXの沼にはまり込んでいるような気もしますし、なんでよりによってエリオット波動理論なんてクソ難しいのを選んでしまったんだというのもありますが(汗)、今年は勝てるトレーダーになる前提としての正しい知識の吸収に取り組みたいと思っています。