読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

今更ながらの基本について…。

Forex Tester 3を購入してから過去検証に明け暮れているわけですが、今まで使っていた短期足を使ったトレンド転換手法について、ひたすらルール通りにトレードを繰り返していると、想定よりも勝率が悪くて安定しないことが分かってきました。

 

ということで、移動平均線なども使ったトレンドフォロー手法も含めて、自分なりに安心できるというか、自信を持ってエントリーができる手法を何とか確立できないかと、過去チャートと日々格闘しているわけですが、現時点で最有力と思い始めているのが(本当に今更なのですが)ダウ理論と、最近の発見でもある包み足の2つです。

 

4時間足を監視足としても執行足としても使い、4時間足のスイングでダウを判断して、トレンドが発生している場合はトレンド方向のみに包み足をトリガーにしてエントリー、高値・安値の更新が止まったら一旦レンジに入ったと判断して様子見、その後に再び高値・安値の更新があるか、トレンド転換が発生したら、トレード再開、基本的にはこれだけです。

 

包み足をトリガーにしてのエントリーは高値・安値掴みになりやすいため、リスクリワードレシオもそれ程は期待できないので、基本的にはトレンド転換直後からエントリーして、追撃の押し目買い・戻り売りは状況判断にて慎重に行いたいのですが、エントリー判断については、ダウが読みやすい綺麗な波形なら、先ず迷うことはなさそうです。

 

利確に関してはまだハッキリしていませんが、リスクリワードレシオ1:1で半分利確して残りを伸ばすか、フィボナッチと4時間足のスイングからリスクリワードレシオ1:2前後のポイントを探るか、そんな感じになりそうです。

 

インジケーターについては、基本的に利確の見当をつけるためにフィボナッチを使う程度で、目線の固定については基本的にダウで判断しますから、移動平均線はなくても大丈夫ですし、補足的に20SMAとかスタンダードなのを1本表示させるくらいで十分のようです。

 

とりあえずはForex Tester 3で過去チャートで練習しつつ、リアルチャートでもチャンスがあれば先ずは1万通貨程度の小ロットで試してみようかと思っています。

 

本来であれば、8月くらいからリアルチャートだけで実践訓練を積んでいく予定だったのですが、先月のトレード内容にあまり確信が持てなかったので、再び手法確立の旅に逆戻りしてしまっていますが、今回のやり方で大枠ができあがれば、来年からの本格稼働に間に合いそうです。

 

リアルチャートの結果は逐一、こちらのブロクで公開していきたいと思います。