読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

10月19日 1敗(AUD/USD)

一昨日の夜にエントリーしたオージードルのショートですが、昨日の夜、ほぼ24時間かかって損切りとなりました…。

 

・AUD/USD(4時間足)

f:id:plantbasedtrader:20161020104642p:plain

 

上昇トレンド中のショートなので完全な逆張りで、そもそも分の悪いエントリーでしたが、

 

・日足レベルで引ける切り下げラインで反転するかも。

・日足レベルで引ける水平線(ただしオーバーシュートが多くて綺麗ではない)で反転するかも。

・その2本のライン間際で転換を意味する包み足が形成された。

 

ということで、全く根拠がなかった訳でもありません。

 

ただし、エントリーしたタイミング的に、包み足が確定して、次の足が包み足の安値を抜けた直後にエントリーしたのですが、ブレイクに失敗したのか直ぐに逆行してしまいました。

 

で、よくよく確認してみると、この安値のラインはチャートの左側を追っていっても高値圏でのネックラインとして機能しているラインだったので、数pips抜けただけでブレイクしたと判断したのは間違いだったようです。

 

今回の状況でショートを打つのがどうなのか、というのはありますが、打つにしてもラインの重要性を考慮してライン抜け直後ではなくて、5pipsとかある程度の抜けを見てからにするとか、今回の場合はブレイクではなくて戻りを待つとか、そういう工夫が必要だったかもしれないです。

 

ま、今回は重要なライン付近での包み足という根拠での逆張りエントリーを試してみたかった背景があるので、負けトレードになったのは問題はないのですが、上記のようにちょっと失敗トレードだった感もありますので、その点については今後につなげたいと思います。

 

4時間足で監視してそのまま4時間足でエントリーする、このやり方は判断がザックリなのでエントリーポイントの精度は低いと思いますし、なので損切りも大きく見る必要もありますし、効率が良いとも思えないですが、目線さえ合っていれば、15分足などの短期足でやるよりも楽なトレードのような気がします。

 

今回は逆張りでしたが、これまでのトレンド転換もそうですし、押し目買い・戻り売りについても、4時間足トレードで引き続き挑戦してみたいと思います。