ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

9月16日 AUD/USDエントリー中…。

昨日はノートレードで、今日は色々と迷った挙句、オージードルのトレンド転換狙いのロングにてエントリーしています。

 

・AUD/USD(15分足)

f:id:plantbasedtrader:20160916201540j:plain

 

昨日の深夜にラインをブレイクして、それの戻りは寝ていたので拾えませんでしたが、今朝、というか昼過ぎに起きてみると、10時位に一度、ラインの少し上で反応していて上昇していってしまったので、取り逃したと思ったのですが、その後、上昇の勢いが失われ、グチャグチャと揉みながら再び落ちてきたので、ま、このままラインを下抜いて逆方向に転換していく可能性もありますが、とりあえずはエントリーしておきました。

 

今は20:30前ですが、今日は21:30に米国の重要な指標発表があるようなので、その前に手仕舞う可能性もありますが、これまで3回ほど、指標発表前だったので、物凄い綺麗な波形が現れていたのにエントリーを躊躇し、結果として全てで勝ちトレードだっという経験もあるので、今回は1万通貨でのエントリーということもありますので、そのまま放置しておくかもしれません。

 

仮に損切りが50pipsくらい滑ってしまってしまっても5千円(って、DMM.comとXM合わせると1万円ですが)くらいの損失ですし、こういう経験も練習期間の今のうちかなと…。

 

以前も書きましたが、過去検証というのは指標とか要人発言とか、全く気にしていなくて波形だけで判断していますし、それでもトータルでプラスになるとわかっているのであれば「波形が綺麗だったのでエントリーしたが指標の突拍子もない値動きに巻き込まれて損切りになった」というのは想定内の負けとも解釈できますので、あくまでテクニカルというか波形重視でエントリーしたほうが、長期的に見れば、ルールに沿った一定のトレードと言えるかもしれません。

 

もちろん、この間の英国のEU離脱国民投票とか、本当に何が起こるかわからないような時はトレードするべきではないと思いますが、それ以外の定例的な指標発表については、構わずにトレードするのも間違いではないような気がしています。

 

今回のエントリーに関しては、それよりも、目線の固定について悩みました。

 

大きな流れで見れば、下降トレンドできていて、ちょっとトレンド転換しそうな底値圏を形成したようにも見えますが、単に戻りが深く入っただけで、目線としてはあくまで下と見ることもできます。

 

・AUD/USD(4時間足)

f:id:plantbasedtrader:20160916203901j:plain

 

一方で、やはりこのチャートパターンは底値圏のダブルボトムとも見れないこともないので、ネックラインを超えたし(支配波の戻り高値は抜けていないので不十分ではあるが)、トレンド転換を狙う場面にも見えます。

 

・AUD/USD(4時間足)

f:id:plantbasedtrader:20160916204154j:plain

 

はたまた、日足レベルでみれば、これまでスイングの荒い上昇トレンドで来ていたが、高値の更新に失敗したのをきっかけに、短期間で豪快に下げてきたものの、日足レベルの押し安値を抜けずに反発されているので、一旦、トレンドレス、或いはレンジになったとみなし、この状態ではどちらに値動きするのかわかないので手を出すべきではないとも判断できます。

 

AUD/USD(日足)

f:id:plantbasedtrader:20160916204624j:plain

 

で、僕のテクニカル分析のレベルではあまりに中途半端で、結局のところ「で、目線はどっち?」というのが定まらず、単に悩む材料を増やしているだけに過ぎないなと悟った部分もあるので、今はマルチタイムフレーム分析みたいなのはやらなくなりましたし、上位足に対して順張りだろうが逆張りだろうが、基準として見ている波形の綺麗さで方向を決めているという状況です。

 

多分、勝てている人からすれば「そんなんじゃただのギャンブルで勝てないでしょ」と言われるとは思うのですが、ここ半年足らずではありますが、過去検証やリアルトレードを通じて「トータルでは何とかプラスになりそうだ」という感触は掴みつつあるので、今はこのやり方を中心に取り組んでいます。

 

もちろん、一般的なというか王道のトレンドフォロー手法も諦めているわけではなくて、長期的にはそちらもマスターしたいと思っています。

 

なので、まだ検証段階でリアルトレードには至っていませんが、トレンドフォロー手法にも取り組んではいて、今現在の手法ではインジケーター類は一切使っていなくて水平線だけですが、トレンドフォロー手法については、色々と考えた挙句、移動平均線を1本か2本と、水平線、トレンドラインくらいで何とかまとめられないかとあれこれ試しています。

 

考えがまとまったら、デモトレードは緊張感がないので、XMに別口座も開設したので、1,000通貨くらいで試してみるつもりです。

 

今のところは1時間足か4時間足でトレンドが発生している状況での押し目買い・戻り売りを5分足か15分足でタイミングを取る、という非常に当たり前なやり方に落ち着きそうですが、利確についてはリスクリワードを固定せずに、移動平均線やトレンドラインを基準に伸ばせるだけ伸ばして、逆行した場合は1:1での利確や建値撤退もありとか、損切りや決済のルールについては、今の手法のように固定はせずに柔軟にやってみようかと思っています。

 

ま、順張り手法については、まだまだブログで公表できるような状況ではありませんが、頭が混乱しない限り、習得を諦めずに頑張るつもりです。

 

以上、思ったより長いブログになってしまい、既に21時を過ぎてしまいました…。

 

オージードルのポジションは現在+12pipsくらいですが、21:30の指標発表までホールドしてみたいと思います。

 

あっさりと損切りなり、手仕舞わなかったことを後悔するかもしれませんが、しっかり後悔するには、今のうちに実際の感情を経験しておいたほうが良さそうです。