読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

8月15日 1)ノートレード 2)順張り手法についての考察。

今日もノートレードで終わりそうな予感です…。

 

ポンドドルのトレンド転換初動を狙った逆張りロングを待っているのですが、ちょっと待ちきれなそうな気がしています。

 

GBP/USD(15分足)

f:id:plantbasedtrader:20160815194649j:plain

 

ま、既に日足、週足レベルの底値圏ですので「頭と尻尾はくれてやれ」という観点からは、この値段帯ではトレードしないほうが良いともいえますので、無理やりエントリーする必要はありませんが…。

 

一方で、同じ場面、目線を順張りで見ていれば、ラインブレイクしてきて一度ラインで反発したのを確認後、次のラインへの戻りでバチンとショートを打ってしまっても良かった場面でもあります。

 

GBP/USD(15分足)

f:id:plantbasedtrader:20160815195842j:plain

 

ただその場合、状況が状況ですので、勿論、直近安値を更新するなんて夢にも思わないで、その手前でリスクリワードレシオ1:2になるよう、損切り15pips以内、利確30pips以内で仕込む必要があったので、結果としては取れていますが、これもこれで難しかったとは思いますが…。

 

今、勉強している5分足や15分足でのトレンド転換の初動を狙った手法、ここ8月に入ってから全く咬み合わないというか、エントリーチャンスが全然ないので、順張り手法も考えていて、上記の例は相場環境が良くはありませんが、エントリールールとしてはこんな感じで考えています。

 

言葉で説明すると、

 

4時間足レベルでもわかるような明確な高値や安値を超えてきた後に、これまたわかりやすい(見当をつけやすい)ラインまで戻ってきて反発したのを確認できたら、次のラインへの戻りを待ってバチンと入る。

 

という感じでしょうか…。

 

同じくポンドドルの別の場面の例を挙げると、以下のようなパターンです。

 

GBP/USD(15分足)

f:id:plantbasedtrader:20160815200527j:plain

 

直近安値を明確にブレイクしてきて、更に「戻り目をつけるならココだろ」というラインまで綺麗に戻ってきて反発しているので、それを確認したら、その時点でその付近に指値を仕込んでしまい、次のラインへの寄りでショートが約定。

 

ストップとリミットは適宜になりますが、安全を見るには直近安値を更新するとは考えずに(ま、上記の例では結果としては更新していますが…)、直近安値までの範囲内でリスクリワードレシオを考慮しつつストップとリミットを設定する。

 

或いは(僕はやらないと思いますが)、リスクリワードレシオ1:1、直近安値、その先は伸ばせるだけ伸ばす、みたいな感じで段階的に分割決済をするとかですね。

 

僕の現状のルールではリスクリワードレシオ1:2で指値をしてしまいますが、順張りなので伸びやすいという意味では、例えば直近の高値・安値がリスクリワードレシオだと1:2を超えている場合は、リスクを取って直近高値・安値で勝負するとか、そういうのもアリかなと思います。

 

問題点としては、現状の逆張り手法とも共通しますが、

 

・明確なラインでの押し・戻りがない場合はエントリーできない。

・ラインで1回反発したからといって、次も反発するとは限らない。

・ラインへの最初の反発でそのまま順行してしまい、指値にかからずに見逃してしまうこともあり得る。

 

などが考えられますが、ま、どんな手法でも一長一短あると思いますので、僕だったらこれで納得するのですが、一番の問題点は、

 

・現状の逆張り手法と矛盾するというか、同じラインを境にロングかショートか、判断が別れる場合が多い。

 

ということでしょうか…。

 

上記の例でいえば、逆張りの目線では、あの青いラインで反発せずに上に抜けてしまった場合にトレンド転換が発生すると見込んで、そのラインへの戻りを待ってロングを打ちます。

 

一方で、順張り目線では前述のとおり、青いラインでの反発を確認して指値を仕込みます。

 

ということで可能性としては、

 

・先ずは順張り目線で考えて、ラインでの反発期待で順方向へエントリー。

・結果としてラインで反発せずに(或いは反発が不十分で)逆方向に抜けてしまった場合は、その時点で逆張り戦略に切り替えるかを検討する。

 

ということになります。

 

そして、これも当然想定できますが、両方とも失敗して往復ビンタを食らうという可能性もありますので、その場合、メンタル的には立ち直れないですよね…。

 

トレンド相場が続くとトレンド転換の手法が機能しにくいので、順張りもしたいなと思ってしまうのですが、やはり「二兎追う者は一兎も得ず」ではありませんが、どちらかに絞らないと混乱しそうですかね…。