読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

7月19日 本日、ノートレード。

今日はノートレードでしたが、ドル円は狙えたかもしれません。

 

・USD/JPY(5分足)

f:id:plantbasedtrader:20160719182526j:plain

 

赤のレジサポのライン、一応は効いていると思ったのですが、レジスタンス側の高値を結構遠くから引っ張ってきたので、ちょっと無理矢理感があるというか、もう少し手前でハッキリとレジスタンスされてから上抜けていれば自信を持ってエントリーできたと思います。

 

これはリスクリワードレシオ1:2なら利確してますが、1:3だと損切りになっていましたね。

 

僕は現状のルールだと1:2で切ってしまうので、それ以上はどこまで伸びるかとか気にしていないのですが、105.300〜104.400のゾーンくらいまでは下がっても良いとは思いました。

 

現状、上値を抑えられて、三角持ち合いのような状態になりましたので、高値を更新しトレンド継続で109円あたりを目指すのか、高値更新できずにヘタレて三尊天井を形成して、102〜103円あたりまで下落するか、面白い状況かもしれません。

 

・USD/JPY(1時間足)

f:id:plantbasedtrader:20160719183916j:plain

 

あと、オージードルのショートも狙っていましたが、これは戻りが甘くて入れませんでした。

 

AUD/USD(30分足)

f:id:plantbasedtrader:20160719183932j:plain

 

5分足だと広すぎるので30分足で見ていますが、赤いレジサポラインが綺麗に効いてそうでしたので、青いラインのダマシ的なオーバーシュートを抜けたら、その戻りでショートという予定でしたが、赤いラインまで戻らずに、青いラインで反応して下げてしまったので、流石にこれは入れませんでした。

 

仮にナイスな反射神経と判断力でエントリーしていた場合、損切りは赤いラインに置いたと思いますので、リスクリワードレシオ1:2でも、1:3でも利確できていたようです。

 

現状、USD/JPY、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/USD、AUD/USDの5通貨ペアの監視をしていますが、ルールに合致する値動きが見られずに、最近はなかなかエントリーチャンスがありません。

 

ルールとは簡単にいえば「明確なサポレジ・レジサポラインが引ける状況でのトレンド転換の初動を取る」ということで、そもそも非常に限定的な場面でのエントリーになりますので、ま、仕方ないといえばそれまでですから、やはりトレンドフォローもやっていかないとトレードが安定しないのかもしれません。

 

トレンドフォロー、僕の理解では要するに「長期足の方向に沿った押し目買いと戻り売り」ですが、これはこれで簡単なようで難しいというか、色々な状況に対応しようと頑張ってしまうと、結局はどこで入って良いのか分からないという感じで途方に暮れてしまうので(というか事実、途方に暮れました)、もっと単純化した自分なりのルールを作って、それ以外は捨てるというくらいの潔さがないと、少なくても僕にとっては使いこなせないと思っています。

 

要するに、僕みたいな初心者が「あれもこれも取れるんじゃないか」という発想でチャートを見てしまうと、どうしても客観性に欠けるというか、自分に都合の良い証拠集めになってしまい、結果としてやられまくるので、もっと簡単にわかる場所というか「誰が見てもここで売るでしょ・買うでしょ」みたいなポイントでのトレードに限定することが大事なのかなと最近は感じています。

 

そういう意味で、僕としては水平線1本でスパっと売り買いのポイントが判断できるような時にだけ入るのが良いかなと思い始めているので、今はトレンド転換の動きだけを狙っていますが、トレンドフォローでも同じような考え方で入れるポイントがあれば、今後はそういうのも狙っていきたいなとは思います。