読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

7月13日 1勝(USD/JPY)とEUR/USD未決済、トレード中…

今日は今朝のドル円のショートが取れたのと、現状、昨日の深夜に仕込んだユーロドルのショートがまだ微妙な状態です。

 

・USD/JPY(5分足)

f:id:plantbasedtrader:20160713160309j:plain

 

ドル円については、ネックライン前後の波形が弱いので、効きが今ひとつにも思えましたが、一応、形にはなっていましたのでエントリーしてみたところ、無事に利確となりました。

 

一応、勝率との兼ね合いを考えた上で、リスクリワードレシオは1:2で良いと思っているのですが、1:3も記録としては残していまして、最近の成績的には1:3でも勝率が殆ど落ちないので、リスクリワードレシオの設定は本当に悩ましいところです。

 

今回、ドル円についてはギリギリですが、1:3でも利確できていますね。

 

ユーロドルについては、ちょっと強引というか、サポレジのラインが綺麗には揃っていなくて、赤と青のラインに分かれていますし、狙っている形とは厳密には違うのですが、左側の波を見た場合に、ある程度目標達成したと判断して、多少の調整による下落はあるだろうと思いました。

 

EUR/USD(5分足)

f:id:plantbasedtrader:20160713160417j:plain

 

エントリー直後に思い切り引かされて危なかったのと、リスクリワードレシオ1:2のポイントは、左側の波形で判断した場合に到達するのが自然だなと思えるライン(青のライン)の少し下ということで、実際にそのライン手前で一旦反発していますし、あまり合理的な設定ではなかったですが、ま、ルールはルールということなので、これで損切りになっても仕方ないということです。

 

現状、微妙にダブルボトムを形成してしまったようにも思えるので、このまま上昇に転じて損切りになる可能性が高いですかね…。

 

こういう場合の考え方として、

 

1. 既にリスクリワードレシオ1:1には達しているので利確してしまう。

2. 更に逆行した場合、損切りを待たずに建値で撤退する。

3. エントリー時のシナリオを優先し、あくまでリスクリワードレシオ1:2で利確するか損切りになるか、2つに1つ。

 

などがあるかと思いますが、僕は3ということにしています。

 

1や2の方が勝率は高くなると思いますが、結果を計算するのが難しくなるので、こういう裁量判断は、もっと経験を積んで相場観が身についてきてからでも遅くないと思いますし、もし、そういう判断をしなくても結果としてトータルでプラスになるのであれば、もうそれで良いんじゃないかとも思いますし。

 

ま、難しいところですが…。