ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

15分足トレード検証の進捗

引き続き、最近は15分足トレードの過去検証に明け暮れていまして、リアルトレードでのエントリーはできていません。

 

検証で確認したいことはリスクリワードレシオ1:2のトレードで勝率50%を達成できるかということで、まだエントリーポイントが一定にはならずに結果にムラが出てしまうのですが、練習を重ねることで、概ね目標を達成できてきました。

 

基本的には、明確に意識されている(と思われる)ラインを境にしたトレンド転換の初動を狙ったトレードになりますが、15分足で形が成立していれば良いので、必ずしも4時間足などの上位足のトレンド方向に沿っているとも限らず、往々にして逆張りのこともありますし、リスクリワードレシオは1:2で固定していますが、ボラティリティーはその時の相場の勢いや通貨ペアによって異なりますので、30pipsを取りにいくトレードもあれば、100pipsを取りにいくトレードもあります。

 

・勝ちトレード例

f:id:plantbasedtrader:20160621214600j:plain

f:id:plantbasedtrader:20160621214620j:plain

 

・負けトレード例

f:id:plantbasedtrader:20160621214652j:plain

f:id:plantbasedtrader:20160621214720j:plain

 

リスクリワードレシオ1:2で勝率50%というのをどう考えるかは人それぞれだと思いますが、僕としては十分だと思います。

 

仮に1回のトレードの許容損失を1万円とすると、5勝5敗で(勝ち10万円、負け5万円ということで)5万円のプラスになりますので、10回のトレードがどのくらいの期間で行えるかにも依りますが(検証によると、トレード回数は1通貨ペア辺り1ヶ月に3回くらいです)通貨ペアを増やすことによってトレード回数の絶対数を上げれば、利益(と可能性としての損失)は調整できます。

 

勿論、クロス円で同時にエントリーチャンスが発生して、両方とも負けトレードになることもありますので、単純に倍々計算にはならないとは思いますが…。

 

また、これを実現するには、1回1回のトレードの勝ち負けに一喜一憂せずにトレードを機械的に淡々とこなしていくメンタルが必要になりますので、僕にそれができるのか、その部分は実際にリアルトレードの中で経験していく他はありません。

 

今のところ3連敗はありませんが、2連敗は普通にあるので「それでもトータルではプラスになるはず」と思えるかですね。

 

勿論、まだまだ王道のマルチタイムフレーム分析による環境認識に基づいたトレンドフォロー手法というのも諦めている訳ではなくて、あきチャン准教授さんYouTube動画などを参考に取り組んではいます。

 

やはり相場の本質を理解して、値動きが手に取るように予想できれば、リスクリワードレシオ1:2で勝率80%とか、とんでもないパフォーマンスを達成できるようになるとも思いますが、いきなりそこを目指してしまうと、希望を持つ前に絶望してしまうというか、僕のような小心な凡人では、いつまでたってもリアルトレードに移行できない気もしています。

 

なので、先ずは型にはまった融通が利かないトレードでも構わないので、FXでトータルで勝てる(または少なくてもマイナスにはならない)という実績を残してから、徐々に王道トレードへの移行を進めていければなと思っています。