ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

5月31日 2勝5敗 -45.1pips

昨日も引き続き、短期足(とりあえず15分足をチョイス)を使ってのトレード、今回はボコボコにやられましてマイナスですが、2日間の合計ではまだ勝率53.3%、獲得pipsは+45pipsということで、負け越してはいません。

 

内訳は、

 

EUR/USD(1勝1敗)
・CAD/JPY(1勝1敗)
GBP/JPY(1敗)
・AUD/USD(1敗)
・NZD/JPY(1敗)

 

という感じです。
 
デモトレードで試しているというのもありますが「この程度の抜けでは甘いので引かされそうだな」という場面でも構わずエントリーして案の定、負けたりしていたので、やはりしっかりと状況判断しないと、幾ら「負けは勝ちの一部」として織り込むにしても、トータルでプラスにするのは難しいと感じました。

 

もう少し検証は続けますが、昨日もお伝えしたように、このやり方と通常の4時間足ベースのトレンドフォローと、両方を状況に応じて使い分けるというか、基本的に競合というか、喧嘩はしないので、チャートパターンに応じて、あり得るシナリオでトレードするというのを習得したいと思っています。

 

1. 15分足トレード

 

・1時間足や4時間足レベルのスイングの転換の初動を狙うトレード。
・上位足に対して順張り・逆張りかというのは意識しないで、その時の状況で優位性があると判断したらエントリー。

 

2. 4時間足トレード

 

・日足レベルのトレンドの転換を狙うトレード。
・参考にしたいのは、あきチャン准教授さんハーフスイング手法
・転換の初動を逃した場合は無理に追いかけず、綺麗な押し目・戻り目が入った場合にのみエントリーを検討する。

 

このようにまとめた時点で、すでにこれができてしまっているような錯覚に陥りますが(汗)、もちろんそんなことはなくて(できていれば大勝ちしてます)日々のトレーニングが大事です。

 

今年の初めくらいから、すでに半年もFXに取り組んでいるのですが、ふとした時に「結局のところ、何もわかっていない」「今までの時間は全くの無駄だった」「一体、何をしていたのか?」と落ち込むことが多いです。

 

もちろん「高値・安値を抜けたあとに押し目買い・戻り売りしてれば絶対負けないよ」というのは半分本当で半分嘘というか、だったら99%の人が勝てているはずですが、実際はその逆なので、やはり勝てるようになるには、何らかのセンスというか「具体的なことと抽象的なことを関連付けて、両者を自由に行き来しながらチャートを見ることができる俯瞰的な視点」みたいなものが必須なんだと思い始めています。

 

これができないと何らかのルールを作って、100%その通りにやるしかなくなりますから、結果として偶然勝てる確率(50%)を上回ることができず、良くてスプレッド負け、悪くてボコボコにやられて退場、ということになるのではないかと。

 

今年中の目標として、100%リアルトレード環境にて月200〜300pipsというのがあります。

 

今月はデモトレードですが、一応、280pipsくらいプラスになったので、そういう意味ではこの半年、悪くない成長という気もしますが、リアルトレードで同じような判断ができたかはわかりません。

 

本来は今月からリアルトレード開始と思っていましたが、15分足トレードのテストをもう少し続けたいので、早くて今月中旬、遅くとも来月からリアルトレードに完全移行するつもりです。

 

このブログを始めたのは「トレード履歴を公開することで、勝っても負けてもエントリー根拠を人に説明できるようなトレードだけに的を絞る」ことができるのではないかと考えたのが大きな理由ですので、そろそろ検証デモトレードの段階は卒業して、リアルトレードの結果を中心にアップできる体制を整えたいと思います。

 

FX博士になりたいのではなくて、FXからある程度の収入を得たいと思って取り組んでいるので、デモトレードだけやっている訳にもいきませんから…。