ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード履歴を公開していきます。

5月19日 GBP/USD 1)+39.1pips 2)+68.7pips

4時間足

f:id:plantbasedtrader:20160519180651j:plain

 

15分足

f:id:plantbasedtrader:20160519180629j:plain

 

・エントリーの意図

 

昨日の大幅な上昇にて、幾つかの節目を一気に抜いてきたので、それに対する押し目買いを試みた。

 

一番最後に抜いてきた高値のラインまでの押しを予想しつつ、切り下げラインを引き待ち構えていると、反発予想ラインで何度か反発して15分足レベルの小さなダブルボトムのようなものを形成するのが確認できたので、そのネックラインとラストの戻り高値を抜けてからエントリーした。

 

損切りは反発予想ラインの少し下。

 

利確は、少なくても前日高値である直近高値までは上昇すると推測し、そのラインを利確目標①に。

 

その先は、日足レベルの直近高値のひげ先を目指してしまうと100pips以上も値幅があり、現実的な気がしなかったので、フィボナッチの127.20%を目安に、その前後の日足のラインをゾーンとして利確目標②を設定した。

 

・結果

 

エントリー直後、直ぐに下落してしまったが、ネックラインで押し目を作って上昇したので、このままレートが走ってくれるかと思ったが、その直後、強烈に揉んでしまい、ギリギリ1pip差で損切りを逃れた後、無事に利確できた。

 

最初の利確は直近高値まで極力引きつけて、次の利確は合計で100pipsを超えた時点で良しとして、15分足のローソクが伸びきったあたりで決済をした。

 

・考察

 

損切りをタイトに設定していたので、危うく損切りにかかるところだった。

 

今朝の9時前後の足で、AUD/USDの戻り売りと、新たに監視通貨ペアに加えたUSD/CADの押し目買いと、それぞれエントリーチャンスがあったが、直前の判断でエントリーを躊躇してしまい見逃してしまったのでGBP/USDに切り替えたのだが、途中、損切りを覚悟していたし、正直、AUD/USDとUSD/CADの両方でエントリーして、スムースにストレスなく利確できたほうが良かったかもしれない。