ビーガンFXトレーダー成長ブログ

初心者FXトレーダーのトレード実績を公開していきます。

2018年1月16日のトレード結果: -0.13%

昨日はトレード数も少なく、エントリーしたものの決済にかからず未だに保有中というのもあり、決済ベースでは1トレードのみ、結果は微損マイナスでした。

 

ポートフォリオとしての損益結果は決済日ベースで記録して、週単位でまとめていますので、日単位の収益を計算するのが面倒だなと気が付きましたし、そもそも1日単位で収益を気にしても本当に意味がないので、今後、こちらのブログでも基本的には1週間の成績を記録することにしたいと思います。

 

裁量判断で精度高くエントリーできるスキルがあれば、ドローダウンも浅く、1日単位は難しいにしても、1週間単位では負けないとか、1ヶ月単位では負けないとか、そういうアップダウンの少ないトレードができるのだと思いますから、1回1回のトレードを振り返ることに意味があるかもしれません。

 

一方で、僕が今回採用しているトレード方法は、基本的に裁量判断はせず、かなり単純な売買ルールをベースにしていますので、相場環境の影響を大きく受けます。

 

なので、1ヶ月単位のドローダウンは当たり前のように発生しますし、更にそれを受け入れたからといって、必ず1年トータルでプラスになるという保証もないので(汗)、1回1回のトレードの結果に意味はありませんし、結果を知るには何であれ長期的に続けるしかなく、少しでも可能性を残そうということで5つの性質の異なる売買ルールを並行稼動しています。

 

多分、普通の人が取り組んでいる「FXとはこうあるべき」的なトレード方法とは大きく異なるので、もし売買ルールをお伝えしたとすると「は?」「お前はFXを舐めているのか?」みたいな反応になると思いますが(汗)、僕にとっての優先順位を追求していたったらこうなったという感じなので、僕はそれで良いかなと思っています。

 

今日は新規ポジションも結構約定しそうですし、昨日からキャリーオーバーしているポジションもありますし、良かれ悪しかれ収益が動きそうな日になりそうです。

2018年1月15日のトレード結果: +2.47%

昨日、週明け月曜日の成績は、勝ったり負けたり、オープンポジションを除いた確定ベースのトータルでは+2.47%の微益という感じで、想定内の範囲でした。

 

先週は勝ちすぎの1週間でしたので、今週はその反動で負けこむ可能性が高いですし、勝ちは今回のような微益で十分、その代わりに負けの場合に極力微損で終わってくれるのが良いかなと思っています。

 

現状、5つの売買ルールを並行稼動していますが、1つは月曜日やらずに火曜日から金曜日まで、1つは金曜日はやらずに月曜日から木曜日まで、その他は曜日を選ばずに毎日がトレード対象という感じなので、月曜日と金曜日は多分、相対的にトレード数も少ないだろうと思います。

 

そもそも1日1回の発注で監視も不要ですから、物理的にトレードに費やしている時間は非常に短いですし、マルチタイムフレーム分析もしないので、使っているPCもAppleの12インチのラップトップ(MacBook Retina)ですし「ま、 そのくらいの手間で少しでもプラスになれば文句ないよな」「マイナスになっても仕方ないかな」というスタンになりつつあります。

明けましておめでとうございます。

完全に出遅れていますが、明けましておめでとうございます。

 

・1月第2週成績:

 

+11.41%

 

・内訳:

 

1. AVG5: +5.96%

2. OTHL: +10.49%

3. PF3: +10.48%

4. JP6: +31.53%

5. GB23: +6.82%

 

去年末まで複数の売買ルールを対象に、期間はマチマチですが、過去検証とフォワード検証を行ってきまして、その結果、トータルでそれなりの感触をつかめましたので、年明け第2週目(要は18日(月))から実運用を開始しました。

 

上記はとりあえずの1週間の成績になりますが、トータルで+11.41%ということで、僕的には「良すぎ」の部類に入ると思います。

 

なので、来週は同じくらいとか、それ以上にマイナスかもしれないですし、正直、週単位の成績というのは売買ルールの精度を考えると殆ど意味はありませんが、リアル運用開始の最初の1週間がプラスで終わったというのはメンタル的には楽になるのは事実かなと思います。

 

最初は売買ルールを2つか3つくらいに厳選して、そこにそれなりの資金を最初から投入しようと思っていたのですが、今年は、今の体制になってから初めての年ということもあり、また、基本は複利運用をするつもりで、もちろん減る時も急激ですが、増える時も急激に増えるので、最初から想定MAXの金額・ロットサイズでやるのも少し心配だなということもあり、先ずは5つの売買ルールを少額で分散して始めることにしました。

 

勝手に自分で命名していますが(汗)、

 

1. AVG5: 通貨ペア(4)リスクリワードレシオ(1:1

2. OTHL: 通貨ペア(2)リスクリワードレシオ(1:1

3. PF3: 通貨ペア(3)リスクリワードレシオ(1:3

4. JP6: 通貨ペア(6)リスクリワードレシオ(可変)

5. GB23: 通貨ペア(1)リスクリワードレシオ(1:1 & 1:2

 

となっております(笑)。

 

売買ルール毎に通貨ペアの数も違いますし、順張りとか逆張とか、リスクリワードレシオも違うので「どれかが勝ったらどれかが負ける」「大勝ちはしないけど大負けもしない」というのを狙っています、が、実際は全面的に負けることもありますので(汗)、ポートフォリオを組むのは簡単ではないですし、結局のところは結果論ということになるのかなとは思います。

 

ルールをガチッと決めて、殆ど裁量判断をなくしているのと、決済についても最初に決めたストップとリミットを動かさず、建値撤退もしませんから、ギリギリ逃げられてV字で逆行して損切りとかも本当にしょっちゅうなので(汗)、正直、効率は悪いとは思いますが「IFOを仕込んだら放ったらかし、その後の監視も不要」というのが基本なので管理も楽ですし、これで1年間は勝っても負けても資金管理も含めて、決めたルールを守ってやり切ってみるつもりです。

 

なので、もし1年トータルで勝った場合「年利」というのは複利の絡みもあって、ちょっと想定できないですが、負けた場合は現時点で口座に入っている金額以上は負けませんし、その金額を全額失っても良いと思ってやりますので、リスクは100%許容しています。

 

過去検証で何パターンもシミュレーションしていますが、複利運用が一番の変動要素かと思っていまして、単利上は同じような収支になる場合も、複利運用では微妙な勝敗の内訳などによって物凄い伸びたり、逆にドローダウンが深すぎて単利のほうが良かったなとか、更には単利だとプラスなのに複利だとマイナスになってしまった、ということもあるので、売買ルールそのものの性能よりも、複利運用も含めた資金管理が最も重要になるという気がしています。

 

多分、資金が潤沢にあったら単利でコツコツと積み上げる大きめの口座と、複利で大化けを期待する小さめの口座と、同じ売買ルールでも資金管理によって差をつけたりもできると思っていますが、今回は資金量が小さいので、大化け期待というほどでもないですが、それなりにアグレッシブな掛け方をしていく予定です。

 

今後も、追々、トレードの状況や成績など、お伝えできればと思います。

本ブログ、一旦、非公開とさせていただきます。

少し前にも書きましたが、このブログを開設して以来、FXへの取り組みが色々と変わってきまして、まだ暫定案かもしれないですが、やっと「これならリアルトレードをやっても良いだろう」と思える自分なりの売買ルールに辿り着いてきた感があります。

 

絶対に勝てるとか、成績が良いとか、そういう基準ではなくて、何というか「一応、これなら続けられそうだな」と思えるというレベル、単なるスタート地点なので、来年からの1年間、実際に毎日のようにトレードを続けていくことで、トレーダーとしてのメンタル、アップダウンを経験していくことになると思っています。

 

一応、リアルトレードでの検証は始めていて、既に勝ったり負けたりと日々メンタルが揺さぶられてはいますが、まだ想定している資金量ではやっていないですし、最終調整という段階かなと思っています。

 

ということで、一旦ですが、過去のブログについては非公開とさせていただくことにしました。

 

理由は前述の通り、今と以前ではやっていることが全く違っているので、あまり記録を残しておく意義を感じないことと、リアルトレードでの検証を年内やってみて、最終調整をして、晴れてリアルトレードを軌道に乗せてからブログを再開したいと思っているからです。

 

ま、このブログを読んでいただいている方というのも、相当に稀だと思いますし(汗)、その場合も、たまたま何かのキーワード検索で記事を1つ2つ読んでいただけるくらいが関の山ということだと思いますので、対外的なインパクトはゼロだとは思いますが…。

 

ということで、ブログの再開まで、しばらくお待ちいただければなと思います。